vol. 72

|
| 0
cookiescene72.jpg


音楽好奇心を呼び起こせ!

Always Pop And Alternative


side-A表紙:ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール

side-AA表紙:ダーティー・プロジェクターズ





cookiescene_sub72.jpg
<ロング・インタヴュー>
□ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール:スチュワート・マードック(ベル・アンド・セバスチャン)が制作を手掛けた映画の音楽のために結成したガール・ポップ・プロジェクトについて、スチュワートに突撃。どんな映画になるのか? 想像しながらインタヴューをお読みください。
□ダーティ・プロジェクターズ:飛ぶ鳥を落とす勢いで浮上してきたブルックリンの不定形集団、ダーティ・プロジェクターズの過去と未来。
□ディアハンター:ノイズはなぜ美しいのか? ノイジーでパンクなニューゲイザー・シーンの雄が語るノイズの有効性。
□ジャック・ペニャーテ:この夏最高のアンセムを届けてくれたイギリスのナイス・キャラ、ジャックの"イメージ"を超えた作風とは?
□パトリック・ワトソン:カナダの至宝というべき才能をもったパトリック・ワトソンが掲げる独自の音楽価値観とは?
ダイナソーJR.:「轟」の巨人の名参謀、ルー・バーロウの口から明かされるダイナソー復活の真実。


■特集:グラスゴー2009
グラスゴー・イヤーとなりそうな2009年。前号に続く特集第二弾、グラスゴー祭です!
<インタヴュー>
□スチュワート・マードック(ベル・アンド・セバスチャン)/ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール:上記参照。
□ウェイク・ザ・プレジデント:2009年に現れた待望の新人! グラスゴー・ファンが思い描く理想のギター・ロック/ポップを痛快に鳴らす音楽センスは注目の価値十分! 
□ビル・ウェルズ・アンド・マヘル・シュラル・ハシュ・バズ:グラスゴーで独自の活動を続ける奇才、ビル・ウェルズが日本のバンド、マヘル・シャラル・ハシュ・バズとの共作アルバムを制作。ビルとマヘルの工藤冬里の両人にもうひとつのグラスゴー・サウンドについて聞きました。
□ザ・ヴァセリンズ:解散から20年の歳月を経て、奇跡の復活を遂げた伝説のバンド、ヴァセリンズの魔力とは? オリジナル・メンバーのユージン・ケリー独占インタヴュー!

■特集:NANO-MUGEN 2009 ~ NANO-MUGENのスピリットを探る

マニックス、ベン・フォールズ、ナダ・サーフといった洋楽ファンを歓喜させるラインナップとスピッツ、ストレイテナー、オーガ・ユー・アスホールなど、世界に発信したい国産アーティストが集結するロック・フェス"NANO-MUGEN FES.2009"。 7月19日、20日の開催を前に主催者ASIAN KUNG-FU GENERATIONにその意図を、参加ラインナップからマニックス、ナダ・サーフをピック・アップし、イベントの意義をどこよりも詳しく紹介します。
<ロング・インタヴュー>
□ナダ・サーフ:NANO-MUGENの最大の見どころとして、クッキーシーンが推すバンドがナダ・サーフ。過去最高作を携えての初(!)来日は見逃せません。
□ASIAN KUNG-FU GENERATION:ロック愛とリスナー視点で、シーンの活性化を目指すアジカン、クッキーシーン初登場です。
□マニック・ストリート・プリ-チャーズ:15年ぶりに4人で作った新作を引っ提げ、NANO-MUGEN参戦! 過去最も注目度の高い来日を前に、ニッキーが語るリッチーへの思い。

■特集:BRAND NEU!  ノイ!トリビュート
ドイツのデュオ・バンド、ノイ!のメンバーだったクラウス・ディンガーが急逝。それを惜しむアーティスト(オアシスからコーネリアスまで)が曲を提供したトリビュート盤がリリース。ノイ!とは何だったのか? ノイ!の魅力を探ります。

<インタヴュー、紹介記事>
パッション・ピット、ザ・テンパー・トラップ、ザ・フアン・マクレーン、ジャーヴィス・コッカー、イールズ、ゴメス、ララトーン、サンシャイン・ラヴ・スティール・オーケストラ、データロック、エレクトロキュート、65デイズオブスタティック etc.

<レギュラー・コラム>
ストレイテナーのホリエアツシなどの新連載がスタート! そのほか、レギュラーのECD、カジヒデキ、レイキン(Kiiiiiii)、増井修×伊藤英嗣らによる人気コラムも好評掲載! 新装された気鋭フォトグラファー鈴木親による写真連載「およばれ」、今回はザ・シー・アンド・ケイクをフィーチャー!

その他、最新情報やレヴューなど、今月号も盛りだくさんの内容で迫ります!

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: vol. 72

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://cookiescene.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/1494