vol. 75

|
| 0
音楽好奇心を呼び起こせ!

Always Pop And Alternative



side-A表紙:ヨ・ラ・テンゴ

side-AA表紙:キングス・オブ・コンビニエンス



<ロング・インタヴュー>

 ヨ・ラ・テンゴ:彼らとしては3年振りの新作のタイトルは『ポピュラー・ソングス』。色々勘繰りたくなるタイトルなのですが、内容の方はというと...それはやはり素晴らしく、次々とスタイルの異なる楽曲が飛び出してくる宝石箱のような傑作となっていました。単独で来日した日本大好き、そして新婚ホヤホヤのジェームスにじっくり話を聞きました。

 キングス・オブ・コンビニエンス:ノルウェイ出身のアコースティック・デュオ、KOCが5年の歳月をかけて、3枚目のアルバムを完成させました。丁寧にクラフトされたアコースティック・ポップは、待たされたファンの期待を裏切ることはありません! 大学で心理学を学んでいたというアイリックの思慮深い話に耳を傾けてみましょう。

 パッション・ピット:本誌3度目の登場となるエレクトロニック・ポップの期待の新人です。今回は真打ち登場ということで、中心人物のマイケルの登場です。ヒゲに包まれていた彼のパーソナリティーが今、白日の下に! 

 ザ・ビッグ・ピンク:重厚感あふれるノイズと甘美メロディーが信条のイギリスの期待株をサマソニ来日時にインタヴュー。『ア・ブリーフ・ヒストリー・オブ・ラヴ(愛の略歴)』という、なんとも不敵、あるいは真摯なタイトルをもったアルバムの内容や、いかに!?

 ザ・テンパー・トラップ:オーストラリア出身のマルチ・カルチュラルな新世代バンド、ザ・テンパー・トラップを8月号(72号)に続いて紹介します。今回はシンガーのトビーとベーシストのジョニーが登場。理性的かつエモーショナルなバンドの真髄に迫りました。

 プリファブ・スプラウト:ポップ・ミュージックの最高峰ともいうべき、プリファブ・スプラウトが、8年ぶりにニュー・アルバムをリリース! リリースだけで大ニュースなわけですが、しかもこれが、流麗な音世界と深いテーマ性が融合した最高傑作にしあがっているというから、もうこれは事件です! パディー・マクルーアンの言葉をありがたくいただきました。

 7ワールズ・コライド:元クラウデッド・ハウスのニール・フィンが主宰するチャリティー・プロジェクト、7ワールズ・コライドが初のスタジオ・アルバムをリリース。ジョニー・マーやウェイルコのメンバーなど数多くのミュージシャンが参加し、豪華コラボが実現した同プロジェクトの目的をニールが熱く語りました。

 アイドルワイルド:90年代後半以降のスコットランドを代表するバンドのひとつ、アイドルワイルドがレーベル契約のないまま、完全自主制作でニュー・アルバムをリリース。独立独歩で我が道を行く、インディー・バンドの真実とは? 

■特集:新しい日本の夜明け

00年代も残り少なくなった今、改めてクッキーシーンが注目する日本のインディー、オルタナティヴ・ロック・バンドを紹介します。冒頭のロング・インタヴューを飾るのは、なんとヨーコ・オノ! この度、コーネリアスのサポートを得て、プラスティック・オノ・バンド名義でニュー・アルバムをリリース。伝説の人物でありながら、今もアグレッシヴでオルタナティヴな活動を続ける、日本が誇る世界的アーティストのインタヴューを中心に添え、リミテッド・エキスプレス(ハズ・ゴーン?)、パーフェクト・ピアノ・レッスン、アート・スクールなどの今の日本を象徴する気鋭バンドを紹介しつつ、トトス、オウガ・ユー・アスホール、モノブライトなど本誌ではお馴染みのバンドの近況をお伝えします。ヨーコによって世界に開かれた日本のロックは、2010年代を前に新たな夜明けを迎えようとしています。

■特集:Summer Sonic 2009 Reports

10年目を迎え、今年は3日開催となったサマーソニックをライヴ・レポートとインタヴューで大特集します。特に今年は、クッキーシーンでもおなじみのバンドが揃い踏み。今年デビューの新人から奇跡の再結成組まで、見たいバンドがあまりに多過ぎてステージ選びに困った人、もしくは見逃してしまった人にお届けするライヴ・レポ&現地インタヴュー集です。これを読んで夏の感動を思い出してはいかがでしょうか。

<ライヴ・レポート、インタヴュー記事>

フェニックス、スクール・オブ・セブン・ベルズ、65デイズオブスタティック、マーキュリー・レヴ、モグワイ、ジェニー・ルイス、レンカ、パトリック・ワトソン、ゴールデン・シルヴァーズ、グリズリー・ベア、ザ・ヴァセリンズ、ティーンエイジ・ファンクラブ ほか

<インタヴュー、紹介記事>


エール、バッド・ルーテナント、チェアリフト、ジム・オルーク、ジュークボックス・ザ・ゴースト、ザ・ホロウェイズ、ザ・カー・イズ・オン・ファイア、マティアス・テレス、BLK JKS、ザ・ヴェリー・ベスト、モンスターズ・オブ・フォーク etc.

<レギュラー・コラム>

ストレイテナーのホリエアツシらのほか、レギュラーのECD、カジヒデキ、増井修×伊藤英嗣らによる人気コラムも好評掲載! 気鋭フォトグラファー鈴木親による写真連載「およばれ」、今回はサイコバブ(ボアダムスのヨシミとシタール奏者のヨシダダイキチのユニット)&ジム・オルークをフィーチャー!

その他、最新情報やレヴューなど、今月号も盛りだくさんの内容で迫ります!

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: vol. 75

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://cookiescene.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/1533